MENU

長く暮らせる相手を選ぶ

LOVE

内面に目を向ける

婚活は結婚相手の候補を見つけるために行うため、自分なりの基準を設けることになります。容姿や職業、年収、相手の家族構成など、相手の候補に求める基準は様々ですが、結婚後に良い婚活だったと振り返るためには、長く暮らせる相手かどうかで判断しましょう。結婚するからには5年や10年ではなく、30年や40年、それ以上の年数を共にすることになります。そのため、相手のわかりやすい部分以外も十分に理解する必要があります。婚活で色々な方々と会う場合、誰もがまずは容姿からの印象を受けることになります。また、相手との会話をする中で職業や収入などの情報を知ることができます。容姿や職業、収入は全て魅力に関係していることなので重要なのは事実です。しかし、これらは全て簡単にわかることですし、表面的な情報でしかありません。ですから、婚活中は気になる相手の性格や趣味、物事の考え方など、内面に目を向けるべきです。肉体は誰もが衰えるため、今の容姿がずっと続くわけではないですし、仕事を辞める日が訪れます。すると、いずれは容姿や職業、収入とは全く異なる部分を見て相手と暮らさなければならないので、婚活時は表面的な情報に惑わされることなく、内面に目を向けることで長く暮らせる相手が見つかります。相手の内面を見るためには会話が必要なので、受け身に回ってしまうとチャンスを逃してしまいます。自分から声をかけるのは大変な行動ですが、結婚相手を探すためなので勇気を振り絞りましょう。